日本漢方医薬研究所は漢方を専門とする医薬品製造・化粧品製造・漢方薬局の会社です。 オリジナル化粧品小ロットOEM対応。

 お問合せ

tel. 088-666-0678( 平日 9:00~17:00 )

日本漢方医薬研究所

今日の漢方

今日の漢方「爪診断」 日本漢方医薬研究所

爪に縦じわがあるのは、肌にハリがなくなってしわになっているのと同じような状態です。老化現象の一つです。横じわは、貧血や過労などで栄養が不足した時に見られます。血を補い、潤いをもたらす食材(牡蠣、ほたて、かつお、れんこん)を加熱してとりましょう。

 


生薬製剤のワンダーエース:その1

弊社の主力商品「ワンダーエース」についてシリーズでお話をさせていただきます。

配合生薬:麻黄、半夏、厚朴、甘草、桂皮、射干、車前草の7種類が配合されています。よく葛根湯ですか?と言われますが葛根湯処方ではありません。

効能効果:感冒、咽喉炎、へんとう腺炎
※5才のお子様から服用できます。

次回は、「配合生薬について」です。

ワンダーエース

 

 

 


今日の漢方「風邪」(有)日本漢方医薬研究所

カゼは風が悪さをすることであらわれる症状です。

一般的に「カゼ」とよばれる症状は、自然現象のひとつである「風」が人体に悪影響を及ぼす「風邪」という邪気に変化して体を襲った状態と中医学では考えます。

風邪はほかの邪気を引き連れて身体を襲うという特徴と、変化自在な風のように、症状が変化しやすいという特徴を持っています。そのため、カゼはタイプと症状を見極め、適切な処置をとることが大切です。

(有)日本漢方医薬研究所 中川


今日の漢方「認知症」(有)日本漢方医薬研究所

血流をよくすることが、認知症の大切なポイントです。

中医学では、認知症の予防と対策には、「血流改善」がとても重要と考えています。

西洋医学でも血流改善が認知症の症状の改善に効果があると考えられており、血流改善対策への注目が増しています。

(有)日本漢方医薬研究所 中川


今日の漢方「一日のスタート」(有)日本漢方医薬研究所

1日のスタートをスムーズに。

朝は四季でいうと春。春に良い種をまかないとよい収穫ができないのと同じで、よい朝食をとらないと、よい体が作られません。
朝食を温かいお粥にすると、体の内側から温められ、体温を高めるためのエネルギーはセーブされ、筋肉も緩み、血流もめぐりやすくなります。また、お粥の糖分が届いて頭も働きやすくなります。

(有)日本漢方医薬研究所 中川


今日の漢方「養生」 (有)日本漢方医薬研究所

「養生」が中医学の基本

「養生」という言葉をよく目にすると思いますが、養生とは「備える生き方」で、「今と、この先を快適に暮らすための方法」です。

また中医学には「陰きわまれば陽を生ず」という言葉もあります。寒くなる時期にしっかりと陰(潤いをもった滋養成分)を補っておかないと、暖かくなる春先に陽(エネルギー)が足りなくなって不調が出やすくなるという教えです。

(有)日本漢方医薬研究所 中川